仕事内容

さまざまな分野のシステム開発を行っているニシコンの仕事内容を、実際に働くベテラン社員よりご紹介!

関連ワードから
選んで読む

"テレビ・ラジオ" "事務システム" "ニュース" "Web" "官公庁" "営業" "総務" "経理" "人事"

営放システム開発

[システムの紹介]
営放システムは、放送局(テレビ・ラジオ)様が各家庭のテレビやラジオに電波を届けるために、日々の番組編成やCMの準備などの業務、販売管理などを一元管理する基幹業務システムです。
[製品名]
HIBS(ハイビーエス)→製品紹介はこちら
[職種]
システムエンジニア
[関連ワード]
テレビ・ラジオ
HIBS開発部
石川さん
放送局様の基幹業務に携わることで、テレビ・ラジオが身近に感じられます!
営放システムは、日本全国の放送局様に導入されております。新規導入や要望対応などが発生する場合、お客様から直接お話を伺うため、放送局様を訪問し、現在困っていること、改善したいこと、新しく始めたいことなどをヒアリングするところから始まります。システムエンジニアは、ヒアリング内容を元に設計を行い、改修提案を重ね、プログラマーへと改修内容を伝えて、システム開発を進めております。導入後には、放送局様が安全に放送を継続できるよう、保守業務も行っており、各種お問い合わせに対して、回答、改善提案などを行っております。

トータル事務システム開発

[システムの紹介]
トータル事務システムは、放送局様に特化した財務会計、固定資産、人事/勤務情報、給与計算を管理する事務システムです。そこに新たに、ActDesk-fという一般業種向けのシステムも開発を行い、販売開始しています。
[製品名]
ActDesk(アクトデスク)→製品紹介はこちら
[職種]
システムエンジニア
[関連ワード]
事務システム
ERP技術部
林田さん
システム開発能力だけでなく、企業で必要な「会計」「人事給与」の基礎を学べます。
ActDeskはパッケージ商品ですが、お客様のニーズに合わせたカスタマイズも可能です。よって、システムエンジニアは、打ち合わせを進めながら、お客様の財務帳票や就業規則・賃金規程等に合わせた、よりよい提案を行っています。その中で、伝票や勤務表の入力などは、各企業の全従業員が使用するアプリです。そのためプログラマーは、UI/UX(画面の構成や使い勝手など)を考え、より使いやすいアプリ開発を行っています。また、技術的な側面だけでなく、働き方改革や消費税増税などの法律の改正があれば、システムの変更を行います。お客様から、「作業が便利になった!」と言われるようなシステム開発を目指しています。

報道支援システム開発

[システムの紹介]
報道支援システムは、ニュース番組を制作するための「取材をする」「原稿を作成する」「番組の構成を決める」「放送した映像を管理する」業務をサポートするシステムです。
[製品名]
Japrs(ジャプルス)→製品紹介はこちら
[職種]
システムエンジニア
[関連ワード]
ニュース
システム技術部
大隈さん
地上波テレビ局の7割以上のシェアを持つシステムに携わる誇りと責任が仕事の原動力です。
生放送のニュース番組は決まった時間に放送が始まるので、報道業務はスピードが求められます。また、局によって放送設備や人員体制が異なるので、ユーザごとの最適な提案が求められます。私たちは、それぞれのユーザのニーズにマッチした製品づくりと、導入後もユーザに快適にご利用頂くための運用サポートを行っています。大規模システムとは違い、ひとりが上流工程から運用まで幅広く携わることもあり、このシステムに携わるエンジニアとして魅力的だと思います。すべての工程に関わることで、スキルの高いエンジニアになることができます。

一般企業向けシステム開発

[システムの紹介]
一般企業向けシステムは、パソコンのブラウザや、スマートフォンで動作するインターネットに公開するWebシステムや、企業や工場で稼働する基幹システムなどがあります。我が社は、業種、業界にとらわれず様々な形態のシステム開発を行っています。
[職種]
システムエンジニア
[関連ワード]
Web
SI技術部
丸茂さん
インターネットに公開するシステムを開発すると、開発実績をワールドワイドにアピールできます。
SI(システムインテグレーション)の開発は、パッケージシステム開発のように同じシステムの開発を繰り返すのではなく、お客様と打ち合わせし、ユーザのニーズ、要望、最新技術を利用したアイデアを提案し、お客様と一からシステム開発を行います。最初は、お客様の業種や要望の内容を理解するところから始まります。初めての業種や業界では業務を理解するところから始まりますが、毎回いろんな企業様と出会うことができますので、新鮮な気持ちで仕事に取り組むことができます。開発作業では、最新のテクノロジーを使った技術を使うことがあるので、悩むことやうまくいかないことがたくさんありますが、非常にやりがいのある仕事です。開発期間はシステムの規模によって様々ですが、短いものは数か月、長いものでは1~2年かかることがあります。開発が完了し、システムの本番稼働が始まると、言葉にならない達成感を味わうことができます。

官公庁向けシステム開発

[システムの紹介]
官公庁向けシステムは、大きく二つあり、官公庁で働く人のための内部事務システムと、官公庁が住民のために行う業務を支援するシステムがあります。私たちは、内部事務システムの中で、官公庁の組織の管理や、給与支給を支援するシステムを主に開発しています。
[職種]
システムエンジニア
[関連ワード]
官公庁
SI技術部
岡本さん
全国の自治体のシステムにも対応できるシステム開発をしています。
政令指定都市(現在、全国で20市が指定されている)に対応するシステム開発は、精度の高い設計が必要です。人口規模が大きいことより、取り扱うデータも大容量なので、処理速度には特に気を付けています。設計では初期段階から質の高いシステムを求められるため、ニシコンでは総務省が推奨する「標準ドキュメント」と呼ばれる様式を取り入れて開発を行っています。現在では、システムへ機能の追加依頼や変更依頼に対応しており、お客様の要望通りに作成するため、担当社員は日々専門の知識を身に着けています。

営業

[営業の紹介]
営業は、お客様との窓口であり、相談相手であり、人間関係がとても大切です。営業という仕事は、モノを売るという仕事ではあるのですが、その手法は人によって驚くほど違い、どう思うか、どこに重きをおくかはその人によって全く違ってきます。
[職種]
営業
[関連ワード]
営業
営業部
岩尾さん
人と話すことで、人の知識を吸収し自分が知らない事を知ることができるので、日々成長する事ができます。
ニシコンの売るモノといえばソフトウェアです。このソフトウェアというものは形があってないようなもので、お客様の要求しているものを如何に実現できるかが一番重要なところです。営業の仕事は、その要求しているものを正確に理解し、どのように提案すればニシコンへの受注に繋がるかを見極めなければなりません。その為に計画をし、組織を動かし、提案し、実行していく必要があります。そういうと随分大変そうに感じますが、全部一人で出来ないといけないという意味ではありません。また、現在では100局以上のお客様とお取引をしていますが、その中では、同じお客様と5年、10年と長く付き合う事も多くあります。人と人が付き合うのですから仕事以外の話も出てくるので、人と話をするのが好きだということが大切です。出張は、北海道から沖縄まで全国を飛び回るため、体力的、精神的にきつい時もありますがその分達成感も大きい仕事です。

総務

[総務の紹介]
ニシコンの管理部門は総務しかありません。従って、総務、人事、経理、庶務、法務などいろいろな業務を行っています。いわゆる何でも屋です。蛍光灯の交換から経営層への支援作業まで幅広い業務を行っています。
[職種]
総務
[関連ワード]
総務、経理、人事
総務部
室岡さん
いろいろなことを経験、実践したい人は、ニシコンの総務をお勧めします。
ニシコンの総務は、総務・人事・経理・庶務・法務など多岐にわたる業務を担っています。 売上や完成品などの見た目でわかるような成果はなく、堅苦しいイメージを持たれる部署ではありますが、全社員・役員・学生・取引先など社内外のあらゆる人と接する機会がたくさんあり、他の部署とは一味違う社会経験を積むことができるので、縁の下の力持ちとしてやりがいも十分にあると思います。開発部門が開発に、営業部門が営業に専念でき、社員がより力を発揮できる環境を創造するために、日々、新たな挑戦に取り組んでいます。

こちらもおすすめ!


TOP