システム概要

Japrsは、放送局の財産である、ライブラリー素材管理から毎日のニュース放送における制作・準備までをきめ細かくサポートする、放送局向け「報道支援システム」です。


ニュース原稿管理
従来の手書き原稿イメージのままの縦書きスタイルで原稿が作成できます。作成された原稿データはニュース素材のデータとしてコピーすることも可能です。さらに原稿の中にテロップ情報を入力することが可能で、各社CGシステムに対してテロップの電子発注することが可能です。
また、FOMAを利用したモバイルコンピュータからの原稿送稿機能やiモードなど各社携帯電話へのデータ公開機能、WebサイトへのHTMLデータへの変換機能など豊富な機能をサポートしています。


報道支援管理
報道局内の事務の合理化を目的とした、取材予定、項目表、ニュースCueシート作成までの一連の作業が行えます。取材予定から記者への予定メール配信やノンリニア編集機への素材編集指示、項目表からCGシステム、送出サーバへのプレイリスト送信など外部機器との連携機能が充実しています。
また、項目表からCueシートへの自動展開やCueシートデータからの送出用スイッチャーへのデータ作成など二重のデータ入力の手間を大幅に削減します。


ライブラリー素材情報管理
日々の取材における貴重な資材映像、オンエア映像や制作番組素材をデータベース化することにより、再使用再編集の際の素材の検索作業を大幅に軽減し、放送局の財産ともいえるこれらの素材を有効的に活用できます。登録された素材情報は自動的にフリーキーワード化され、あいまい検索機能により探したい素材を確実に抽出します。
また、アーカイブシステム、ノンリニア編集機、送出サーバと連携し、メタデータを共有します。

関連システム


お問い合わせ及び製品デモのご依頼

西日本コンピュータ株式会社
営業部 営業グループ
TEL:093-551-1114
FAX:093-551-5514
E-mail:info@nckk.co.jp

製品一覧へ戻る

※このホームページに登場する名称(社名・商品名・その他の名称)は、一般に各開発会社の商標または登録商標です。