MESSAGE
代表挨拶

代表挨拶

当社は1968年に北九州における情報社会の一翼を担うべく創立し、多くの地場民間企業様、自治体様の業務受託を推進してまいりました。放送分野においては、1980年代から当社オリジナルの放送局向けシステムを開発し、2000年代初頭の地上放送デジタル化による基幹システム変更を機に、「放送に関する準備・運行システム」、「事務系システム」、「報道系システム」を軸として事業を拡大、ノウハウを蓄積してまいりました。その結果、現在では全国の民間放送局100局以上に導入いただき、シェア8割以上のご支持をいただいております。

2018年に創立50周年を迎え、2019年(令和元年)7月、西日本コンピュータ株式会社から株式会社ニシコンへの社名変更とともに、「すべてに+01を。」をスローガンとして新たにスタートいたしました。「0」は“これまで培ってきた原点”、「1」は“新たな一歩を踏み出す”ことを表しています。当社が大切に守り続けてきた企業理念「責任五原則」を礎としながら、全てに「+01」の価値を付加し、次世代のシステムを共創できる強いパートナーでありたいとの願いを込めております。

時代の流れとともに社会を取り巻く環境の変化は目覚しく、常に先手を打てる提案力が必要です。そのためにも個の力、チームの力を上げて組織力を一層高め、お客様の多様なニーズに迅速にお応えしていく所存です。「ニシコンに任せて良かった」の一言のために、これからも お客様に心から安心・満足していただけるシステムづくりを目指してまいります。

代表取締役社長
真鍋 順一